バックハンドの打ち方のコツ

バドミントンで使われる、バックハンドの打ち方を解説します。

 

サイドアームストロークとアンダーハンドストロークのコツや注意点がありますので、参考にしてみてください。

 

 

バックハンドのサイドアームストローク

ラケットを持った手の逆のサイドで打つのがバックハンドです。

 

初心者は、前腕を外側に回すタイミングを覚えましょう。

 

女子は体の柔らかさを活かして腰のひねりを使うと、さらに力が伝わります。

 

振りを小さくすれば、速いシャトルに対応可能です。

 

慣れれば、前腕を外側に回すだけで威力のあるストロークが打てるようになります。

 

 

グリップの握り方は、親指の腹をグリップの広い部分に当てて握るサムアップの形です。

 

ドアノブをひねるようにシャトルをとらえます。

 

左足を軸にして右足を踏みこみ、テイクバックを行います。

 

この時に右足のつま先がネット方向に向いていると、腰の回転が使えず、パワーがシャトルに伝わりません。

 

インパクトの時は、腰の回転を利用して、ひじ、グリップ、手首の順にパワーが伝わるように意識しましょう。

 

 

バックハンドのアンダーハンドストローク

アンダーストロークは、オーバーヘッドストロークやサイドアームストロークのように、肩を大きく回して上体のひねりを使おうとすると、体の軸がぶれて体勢を崩してしまいます。

 

バックハンドでもテイクバックは肩を回さないで、リストスタンドだけ意識することが大事です。

 

インパクトの時だけ力を集中して、上腕を外側に回してコンパクトにスイングしましょう。

 

 

グリップの握り方はサムアップで、親指の腹でラケットを押し出す形です。

 

アンダーハンドストロークのテイクバックは、リラックスすることが重要です。

 

初心者は遠くに飛ばそうと肩や腕に力が入りすぎて、失敗しやすくなります。

 

力を入れるより、力まないことを意識しましょう。

 

フォロースルーは左手を開いて、バランスをとることが大切です。

 

 

バドミントン日本代表選手が取り組む、効果的な練習法とは?

バドミントン日本代表の「桃田賢斗」選手を知っていますか?

2018年世界バドミントン選手権で金メダルを獲得し、
日本男子史上初となる男子シングルスの世界ランキング1位に就きました。

中西洋介コーチは、2017年から日本代表コーチとして桃田賢斗の指導にあたっています。

桃田選手が活躍した理由は、
試合で勝つための適切な練習にあります。

効率良く実力がつく練習法とは?

具体的な練習メニューは動画でわかりやすく紹介されていますので、
興味のある方は、一度ご覧ください。

>>こちら