オーバーヘッドストロークの打ち方のコツ

オーバーヘッドストロークは、肩より高い位置でシャトルをとらえて、打ち下ろす打法です。

 

バドミントンで最も多く使われるストロークになります。

 

相手コートの奥まで返すハイクリアが基本です。

 

シャトルを適切な位置でとらえることと、十分な体重移動、腰と上体のひねりを使って打つことがポイントになります。

 

力まないで、大きいフォームでラケットを振ることが大切です。

 

フォアハンドの握りの基本はイースタングリップですので、オーバーヘッドストロークもイースタングリップの形で、握手をするように軽く握ります。

 

 

安定したストロークのためには、毎回同じ位置でシャトルをとらえることがベストです。

 

そのためには、球のコースを読んで、シャトルの下に走り込み、頭の前でインパクトする必要があります。

 

 

テイクバックの時に、右足が前を向いていると、体をひねって打つことができません。

 

右足をサイドラインに向けながらテイクバックすることで、体重を右足に乗せて、力をためることができます。

 

そしてインパクトの瞬間グリップをギュッと握り、手首を内側に回してシャトルをとらえます。

 

この時に腕が耳につく位、伸ばさないように注意してください。

 

腕が伸びきってしまうと、力が十分発揮できなくなります。

 

 

フォロースルーは、そのままラケットを前方へ放り投げるように自然にスイングを終える形です。

 

初心者の方は、正しいフォームでスイングできているか、鏡を見ながらチェックすることをおすすめします。

 

 

バドミントン日本代表選手が取り組む、効果的な練習法とは?

バドミントン日本代表の「桃田賢斗」選手を知っていますか?

2018年世界バドミントン選手権で金メダルを獲得し、
日本男子史上初となる男子シングルスの世界ランキング1位に就きました。

中西洋介コーチは、2017年から日本代表コーチとして桃田賢斗の指導にあたっています。

桃田選手が活躍した理由は、
試合で勝つための適切な練習にあります。

効率良く実力がつく練習法とは?

具体的な練習メニューは動画でわかりやすく紹介されていますので、
興味のある方は、一度ご覧ください。

>>こちら